「パパ、見ててよ。」

そう言って娘がスキップを見せてくれた。

嬉しそうに。楽しそうに。

この前まで”お馬のギャロップ”だったのに。

今日もお買い物で出かけたジャスコでスキップしていた。

 

自分で着替えができるようになった、

自分でシャンプーできるようになった、

電気のスイッチに手が届くようになった、

ひらがなが読めるようになった...

そうやって娘はどんどん成長していく。

子どもがいるって、なんて素敵なことなんだろう。

 

「あの頃に戻りたい。戻ってやり直したい。」

時々そんな思いに胸が押しつぶされそうになることがある。

でも、あの頃に戻って別な人生を送ると、

かみさんや息子や娘に出会えない。

それは嫌だ。

 

もし 15才のあの夏に戻って
そこからもう一度やり直せたら
どんな人生送るだろう?

今よりも若く強い体
学んだ知恵 活かして
曲りくねった道を行こうと 迷わない

過ちや躓きを繰り返すことなく
夢の段階 真っ直ぐに駆け上がってゆく

若過ぎて思いやりもなく傷つけ 別れた人達
また出逢えたら 心の絆 失わない

だけど もしも君とどこかですれ違って
出逢うこともなくて愛されないのなら 悲劇さ

もし 15才のあの夏に戻って
そこからもう一度やり直せても
この人生を選ぶだろう

君と歩いた道をもう一度歩くだろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA