伝説の女シリーズ②

カミさんネタを書け書け、とおっしゃる生徒さんのリクエストにお応えします。

あれはまだ子どもが生まれる前のことだったと思う。

私が風邪でノドが痛く、辛そうにしていると、

「温めた塩をガーゼに包んでのどに当てるといいんだって。」

「そうなのか。」

さっそく彼女はフライパンで塩を乾煎りし始めた。

良い具合に塩が温まったらしく、火を止め、

フライパンから広げたガーゼに塩を移した。

すると...

メラメラとガーゼが丸まりながら焦げはじめた。

「そっ、それを俺のノドに?...こっ、殺される。」

「熱過ぎたね。ハハハ...」

うーん。確かにノドの痛みは感じなくなるだろう。

永遠に...

Posted by Michael