どうやたって無くすことができないことがある。

人が人である以上、どうにもならないことがある。

だからと言ってあきらめて口を閉ざすというのも、ちょっとちがう。

無くそうとする試みも大切だが、

私はそれがあることを前提に、その上でどうするかを考えよう。

俺たちの生徒には絶対に同じ悲しい思いはさせたくない。

だからもっともっと話をしようと思う。

いろいろなことを。