人事を尽くす人

「人事を尽くして天命を待つ」という言葉を聞くと、

必ず思い出すエピソードがある。

小5の冬だったろうか。

日曜の朝、車で出かけようと父と駐車場に行ってみると、

前の晩から降り積もった大雪で車が埋まっていた。

雪をおろし、車に乗り、いざ出発しようとするが、

タイヤがスタックしてしまった。

雪質も最悪で、ヘルパーを使おうが何をしようが

タイヤは空しく空転するばかり。

30分ほどしたところで、小学生の私は嫌になり、

「もう今日は出かけるのやめようよ。」

と言うと、父は笑顔で、

「もう一回だけ試してみないか?」

…私はしぶしぶ手伝う。が、やはり動かない。

「もういいよー。」

「もう一回やってだめならあきらめよう。」

このやり取りを何度繰り返したか...

そしてとうとう車は動いたのだ。

その瞬間、子ども心に ”ああ、この人はすごいなぁ” と思ったものだ。

今となっては「なんでJAF呼ばんかったの?」と思うのだが、

きっとあれは親父の教育だったんだろう。

振り返ってみると、私の知る限り、親父は一貫して

「人事を尽くす」人なのだ。

一方の私だが、あのときの親父の教育は生かされていないような気がする。

申し訳ない限りだ…。

 

Posted by Michael