先日、数学の定期テストで47点を取った生徒が、

「全然だめだわ。」

というので、私は、

「本当にそう思う?」

と聞いてみた。

一般的には47点は高得点とは言えないかもしれない。

しかしそれは相対的に見た場合だ。

彼の前回の数学は24点だ。

だから今回はダブルスコアなのだ。

「いや...自分では頑張ったと思うけど...」

それはそうだ。

私は彼が、大嫌いな数学を一生懸命頑張ったことを知っている。

80点、90点取った友人たちと比較する必要なんてない。

(もちろん気持ちは痛いほど分かるのだが。)

”昨日の自分に勝てばいい”というのが私の基本姿勢だ。

僅かな変化でもいい。

昨日の自分と違う自分を発見したら喜ぼうよ。

数字にでない変化でもいい。

「ほらな。全然ダメじゃないよ。前回の2倍だぜ。」

そんな私の言葉に、嬉しさ半分、「でもなぁ」という気持ち半分、

といった表情の彼と次に向けて勉強を再開した。

 

2件のコメント

  1. 初めてコメントさせていただきます。
    最近息子の勉強のことで悩んでいて、色々調べている時にポプラ工房さんを知りました。

    息子もなかなか成績が上がらずにいます。
    どうしても点数だけで判断してしまい、少しずつ努力していることなどを褒めてやる余裕がありません。
    今回のブログを読み、考えさせられました。

    ヤス
    1. やすさん
      コメントを残してくださりありがとうございます。
      私もそうですが、我が子に対しては、なかなか冷静になれませんよね。笑
      だから私達のような位置にいる大人、家庭教師がお役に立つのかもしれません。

      Hiroya Yamagishi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA