無力だな

ものを教える仕事をしていて最も無力感に苛まれる瞬間は、

 「所詮、僕なんて...」

 「オレはどうせ頭が悪いから...」

と生徒に言われた(言わせてしまった)ときです。
こんな日は夜も眠れません。

 「そんなぁ~。」

彼らがたくさんのプレッシャーや葛藤のなかでもがいていることを、
知っているつもりです。
それに言わせてしまったこちらに責任があることも、
知っているつもりです。
つもりですが、やはりキツイ。

「所詮」なんて言わないで。
「どうせ」なんて言わないで。
君はここまで頑張ってきたじゃない。
そんなふうに自分を否定しないでよ。
そんなふうに自分を傷つけないでよ。

私は結局のところ励まし応援すること以外は何も出来ません。
でも、精一杯応援します。
最後まで応援させてください。

Posted by Michael