『とんとんとん と』

五味 太郎

私が初めて息子に贈った絵本です。
以前「情熱大陸」というテレビ番組で五味太郎さんが紹介されているのを拝見し,ファンになってしまいました。

バス停でバスを待つブタ君が(待ちきれないのでしょう)空想の中で空を飛んだり,ビルを上ったりして「とんとんとん」とおじいちゃんに会いに行くお話しです。
早くおじいちゃんに合いたい,という気持ちがブタ君にいろいろと想像させたのでしょうが,妻曰く「これを読むと急かしてはいけないんだなぁ,ゆったりとした気持ちでいなければいけないんだなぁ,と思うよ。」

これを選ぶときの息子は必ず「とんとんとん」と口をアヒルのようにとんがらせます。

>>関連リンク

Posted by Michael