「ニーバの祈り」として知られる祈りがある。

アメリカの神学者ラインホルド・ニーバの作った祈りで「静穏の祈り」としても知られる。

宇多田ヒカルの「Wait&See~リスク~」にも引用されている。

祈り

神よ、
変えることのできるものについて、
それを変えるだけの勇気を我らに与えたまえ。
変えることのできないものについては、
それを受け入れるだけの冷静さを与えたまえ。
そして、
変えることのできるものと、変えることのできないものとを、
識別する知恵を与えたまえ。

O God, give us
serenity to accept what cannot be changed,
courage to change what should be changed,
and wisdom to distinguish the one from the other.

さまざまなバージョンがあり、いずれがオリジナルなのかは知らないが、

大切な部分は変わらない。

変えられないことは静穏に受け入れ、

変えられることは勇気を持って変える。

そしてその二つを区別する知恵を身につける。

それにしてもなんとハードルの高いことか。

私などは全く正反対の生き方をしているような気がする。

終わってしまったことをいつまでもグズグズと引きずり、

新しいことに一歩を踏み出す勇気を持てずにいる。

そう。

だから祈るしかないんだ。

God! Give me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA