過去に蒔いた種が良い実を結べば、

「あなたの蒔いた種が、いまこうして花ひらいたのよ!」

なんて素敵な言葉で歓迎される。

一方で悪い実が成ると、

「自分で蒔いた種でしょ!」

と自己責任を問われててしまう。

とかく種とは厄介なものだ。

悪い結果が予測できていて蒔いてしまったのなら自業自得だ。

しかし、

良かれと思って蒔いた種だった場合、結構落ち込む。

ましてこちらの思いを知らぬ者に「自分で蒔いた種」口撃されると、

傷口に塩ならぬ、傷口にレモン汁だ。

種は命の源であり、可能性のビックリ箱であり、過去から未来への架け橋だ。

わかっていて蒔いた黒い種は論外として、

例えどんな実をつけようとも

結実するまでの長い時間は決して無駄にはならない。

汗と涙と愛を注いで育てたその種は、

たとえ良い実を結ばなくとも、

きっとどこかで形にならない実を結んでいるに違いない。

さて。

一つ書き上げたから、

柿の種に黄色く泡立つ水をかけて、素敵な実を育てることにしよう。

投稿者

Michael

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA