生徒たちへ。

闇の向こうに何があるのか

誰ひとりわからない

わからぬことを わずらうよりも

今日 この時を 生きていたい

日はまた昇る/浜田省吾

わからぬことを わずらうよりも 今日 この時を 生きていた

というのは、

先のことは考えないで今日一日モンハンをやって過ごしたい

ということではない。

見通しを立て船首を目指す方向に向ける。

そして一日一日全力で船を進める。

嵐が来そうなら今できる精一杯の準備をして備える。

ということだ。

わずらう というのは、

「嵐で船が転覆したらどうしよう…やだなやだなぁ。」

ということで頭をいっぱいにして

今日一日を苦痛でつまらないものにしてしまうことだ。

わずらえば困難を避けられるのなら全力でわずらえばいい。

でもそんなことはない。

私が何度も何度も経験してきたから間違いない。

「入試に落ちたらどうしよう。」

「選んだ仕事が自分に合っていなかったらどうしよう。」

気持ちはわかるが、気持ち悪い。

そんなことで今日一日を嫌な気分で過ごすなんて、

もったいない。

だから、明日のことを思い煩ってはならない。
明日のことは明日自らが思い煩う。
その日の苦労は、その日だけで十分である。

マタイによる福音書 6:34

今日一日にフォーカスして全力で取り組んで全力で楽しむこと。

今日から一緒に心がけてみようよ。

人生とは今日一日のことである

デール・カーネギー