”あたりまえ”の化けの皮

世の中で”あたりまえ”とされていることに疑いを持ち

深く考えることは大切なことだと思う。

でも、当たり前とされていることに疑問をいただくと

不安になってしまうこともある。

それは、

鉄筋でできた橋を渡っていたつもりなのに、

今にも落ちてしまいそうな古い吊り橋だったことに気づく瞬間だ。

気づかない方がよかったのか?

気づかない方が自由でいられたのか?

そんな気もする。

それでも”あたりまえ”の化けの皮を剥がし、

その正体を知ることを子どもたちには勧めている。

なぜなら、知らないことで得られる自由よりも、

”あたりまえ”に縛られ苦しむことの方がずっと多いからだ。

思考停止に陥ってはいけない。

「ほんとにそうなのかな?」

ただ疑うだけではなく、調べ尽くして、考え抜いて、

自分の答えを見つけて欲しい。

Posted by Michael