おう、日本人ってのは、七五調が好きなんだよ。ぐだぐだ言っても駄目なんだ。

藤原喜明

万葉集のむかしから七五調の旋律は私たち日本人の心に響く。

よく見れば辺りは七五調だらけ。

 ◯ 逃げるは恥だが役に立つ
 ◯ 世界の果てまでイッテQ!
 ◯ 秘密戦隊ゴレンジャー
 ◯ 墾田永年私財法
 ◯ 支点力点作用点
 ◯ 家庭教師の山岸さん

そして我が浜田省吾の歌にも七五調はある。

 ♪ 走り続ける ことだけが 生きることだと 迷わずに答えて
  / Midnight Blue Train

 ♪ でも心は いつだって 俺のもの 君への愛があればこそ
  /君がいるところがMy sweet home

 ♪青空に ひとすじの飛行機雲を見上げた 昼休み
  /あい色の手紙

 ♪海鳴りの聞こえる丘で 青空を見上げて思う
  この旅の途上で 愛した人の懐かしい面影を

  /日はまたのぼる

いますぐに思いつくもの挙げてみた。意識したのは今日が初めて。
(と書いたこれも七五調)

なぜ日本人にとって七五調のリズムが心地よいのかは、

七五調の謎をとく―日本語リズム原論 / 坂野信彦」に詳しい。

リズムが良ければ 頭に残る 何でもかんでも七五調。

国語 算数 理科 社会 ぜーんぶ丸ごと七五調。

全ての歌詞が 七五 じゃない。

それでも私は 覚えてる。

省吾の歌詞はパーフェクト。

失礼しました。

 

投稿者

Michael

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA