口から出た言葉は、なかったことにできない

こんにちは。札幌の家庭教師ポプラ工房の山岸です。

人間を長くやっていればいろいろなことがありますね。
できれば成熟した何事にも動じない心を育てたいものですが、
どうも私の心はまだそこまで育っていないようです。

これまで挫けそうなときやトンネルに入り込んだとき、
必ずと言っていいほど周りの方が「言葉」をくださいました。
特別に修飾された言葉ではありません。
ごくシンプルな、それでいて暖かさを感じる言葉。
それらの言葉たちは心に染み込み、心を滋養し、
また立ち上がる勇気を与えてくれます。

一方で、人の心をズタズタにする言葉もあります。
先日、「心は叫びたがってるんだ。」(実写版)という映画を見ました。
芳根 京子扮する成瀬 順が友人を守るために叫ぶシーンがあります。

いい加減にしろ!
消えろとかそう簡単に言うな!
言葉は傷つけるんだから!
絶対にもう取り戻せないんだから!
後悔したってもう絶対に取り戻せないんだから!

凍りつきました。
私はいったいどれだけの人を、私の言葉で傷つけてきたのだろうか。
妻、子どもたち、生徒たちに対して、いったいどれだけひどい言葉を投げつけてきたんだろうか。
口から出てしまった言葉はなかったことにはできない。
どんなに気をつけても、こちらの意図に反して、人は人の言葉で傷つきます。
もっと丁寧に言葉を使わなくては。
私の知るこの私が、そんなことできるかどうか…全く自信はありませんが。

最近、暖かい言葉をたくさん頂いています。
私には過分で恐縮してしまう言葉も頂きました。
それは私がトンネルに入っている証拠でもあるのですが。

最後になりましたが、みなさま「言葉」をありがとうございます。
いつか必ずお返しいたします。

Posted by Michael