身体の在りようは、心の在りよう

学習指導をしていて最も難しいことは

「わかっているのに間違える」

生徒へのアドバイスだ。

例えば数学で言えば、

公式は覚えている。定理も理解している。基本計算も問題なくできる。

しかし、問題をやらせると間違える。

原因は問題の読み違え、読み落とし、思い込みだ。

正解に至るためには、正しい答えを”正しく答え”なければならない。

正しく答える、とは問題文の指示通りに答えるということだ。

せっかく正解に辿り着いたのに、指示通りに答えなければ不正解になってしまう。

このような生徒へのアドバイスの一つは

少し前にも書いたが「いま、ここ」への集中だ。

他にも様々なアドバイスをするが、改善するには時間がかかる課題である。


これらの生徒たちには共通の特徴がある。

胸、肩、首の緊張が強く呼吸が浅いということだ。

触ってみれば明らかだが、触らなくても見てすぐにわかる。

筋肉は固まり、血液の流れも悪く、十分な酸素も取り入れられない。

身体の在りようは、心の在りよう。

これでは柔軟に思考することも、「いま、ここ」に集中することも難しいだろう。

残念なことに、この辺りのことはいくら話してもあまり重視されない。

たった一つの器官(=脳)のたった一つの部分(=左脳)を鍛える(=勉強)だけで、

上手くいくだろうか?

全ての器官丸ごとで一個の人間なのに。

ディープなほぐし方は直接指導しなければ伝えることは難しいが、

学校の体育でやる準備運動やストレッチで十分効果はあるだろう。

他に、意識的にのびあくびをする、

シャワーの湯を肩や首に数分間当てる、

蒸しタオルを目、首、肩に当てる、

白湯をゆっくり飲む、など。

勉強の合間にやってみてはどうだろうか。

Posted by Michael