家庭教師のひとりごと」カテゴリーアーカイブ

乾いたときの一杯の水は美味しい

投稿者: | 2020年7月5日

生きることを楽しむのに、量はいらないなと思う。 1秒の笑顔、一瞬の香り、ふと見上げた青空、遠くに聞こえる汽笛。 そんな僅かなことで、その日を幸せに過ごすことができる。 そう思うけれど、もっともっと、という自分も確かにここ… 続きを読む »

待つ

投稿者: | 2020年7月4日

やっと出てきたふた葉を「早く伸びろ」とばかりにひっぱたって伸びるわけがない。やっとつかまり立ちができたばかりの赤ん坊に「早く歩け」と支えを取り去っても歩けるようになるわけがない。 すべてのことに時がある。 命にこちらの都… 続きを読む »

7/3 今週の課題図書

投稿者: | 2020年7月3日

「空気」を読んでも従わない / 鴻上尚史 意識的か無意識か。空気を読み従い生きにくくなっている彼の課題図書としました。彼が読んだ感想を一言。 「少し楽に生きられそうです。」 何よりです。

能動かつ論理的思考を養う

投稿者: | 2020年7月2日

こんにちは。札幌の家庭教師ポプラ工房の山岸です。 私は授業の中で何度も生徒に伝えていることがあります。 「ただの物知りはいらない。知識だけなら手のひらに乗っている(スマホのこと)。大切なのは能動的で論理的な思考を身に付け… 続きを読む »

スピーチトレーニング

投稿者: | 2020年7月1日

こんにちは。札幌の家庭教師ポプラ工房の山岸です。 現在、ある生徒さんに毎週様々なお題を出してスピーチのトレーニングをしてもらっています。国語力の向上、コミュニケーション力の向上、論理性の向上、そして社会問題について考える… 続きを読む »

激増する劇場のイドラ

投稿者: | 2020年5月25日

少しペダンティックな感じもしますがお許しください。(ちなみにタイトルは韻を踏みたかっただけで深い意味はございません。)イギリスの哲学者、フランシス・ベーコンが人間の思い込みについて「4つのイドラ」という考えを示しています… 続きを読む »

こんな時こそ気功です

投稿者: | 2020年4月23日

こんにちは。札幌の家庭教師ポプラ工房の山岸です。 みなさま、日々強いストレスに晒されておられるのではないでしょうか。私が長年親しんできた気功は、心と体に優しく働きかけ、強いストレスを緩和してくれます。 私の師匠(勝手に師… 続きを読む »

ディープインパクト

投稿者: | 2020年4月22日

こんにちは。札幌の家庭教師ポプラ工房の山岸です。 ポプラ工房として家庭教師を始めて16年。教育の現場で生きていくと決めて34年。あっという間でした。 教育に出会わなければ、きっと物理学者になることを目指していたと思います… 続きを読む »